大分名物『やせうま』 お土産にもピッタリな和風スイーツ

LINEで送る
Pocket

大分遠征のお土産には田口菓子舗の『やせうま』をチョイス。
きな粉のだんごを求肥で包んだ、優しい甘さのお菓子です。

箱を開けると、可愛らしく笹の葉をデザインした包みが。

中はこんな感じ。

外側は砂糖をまぶした求肥。中はきな粉のだんごです。

中のきなこも甘く味付けされていて、とっても優しい甘さが癖になります。
素朴な手作りの味という感じ。
元々、幼い貴族に乳母が食べさせたものだという言い伝えもあるようです。

平安時代、都から藤原鶴清麿という幼い貴族が豊後の国に下向し、黒野に隠れ住んだ。鶴清麿の身の回りの世話をする女は、京都の八瀬出身だったらしく「八瀬(やせ)」と呼ばれた。八瀬は、ときおり小麦粉をこね、長く伸ばして麺状にしてゆで、これにきな粉をまぶしたものを作って、鶴清麿に食べさせた。鶴清麿はこの食べ物が欲しい時、「八瀬、うま」(「うま」は食べ物の幼児語。まんま。)といい、これが「やせうま」の語源となったとする。しかし「やせうま」の名称自体は広く用いられており、大分での局地的伝承を裏付ける確実な文献もなく、信憑性は薄い。

やせうま – Wikipediaより

信憑性は薄いと書かれていますが、これが本当であってもおかしくないような、おばあちゃん手作りのお菓子のようです。

田口菓子舗のやせうまは電話やFAXでもお取り寄せできるので、気になる方はぜひどうぞ。
大分銘菓 やせうま ~田口菓子舗~

田口菓子舗ではありませんが、楽天でもやせうまを買うことができます。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree