なぜ!?インドで自然発火する赤ちゃん…医師も困惑

LINEで送る
Pocket

なんじゃそりゃ…。


インドでは今、ある生後3か月の男の子が多くの人から関心を集めている。今年5月に生まれた男の子は、生後9日目に体が自然発火する事態に襲われて以来、これまでに4度も火に包まれて火傷を負い、病院に運び込まれているそうだ。現在、入院先の病院で精密検査が行われているというが、彼の皮膚から可燃性のガスと液体が出ていることは分かったものの、なぜ出ているのか具体的な原因はつかめず、医者たちも困惑しているという。

インド紙タイムズ・オブ・インディアやインディアン・エクスプレスによると、注目を集めているのは、インド南東部の街ティンディバナム郊外の村に住むラーフルちゃんという男の子。今年5月22日に生まれたばかりのラーフルちゃんは、生後9日目で体が火に包まれる状況に陥って火傷を負い、病院へ運ばれた。引火させるような火元もなかったため、母親は我が子を襲ったアクシデントが「信じられなかった」というが、不可解にもこの後も息子の体が突然燃え出す事例が頻発。生後12日目に2度目の発火が起きた後、さらに45日目、65日目と立て続けに発生し、4度目の際には火が家中に広がり、全て焼失する事態にもなったそうだ。

現在は、ティンディバナムの北にある都市チェンナイの大学病院に収容されているラーフルちゃん。過去3度の火傷は大事には至らなかったが、4度目は「頭からつま先」まで火に包まれてしまい、仰向けで寝ていたために背中側は無事だったものの、腹部側は頭部から足まで幅広く傷を負ってしまい、今も治療が続けられているという。

問題は、なぜラーフルちゃんが繰り返し燃える事態に陥っているのか。彼の体を検査した医者は「児童虐待の兆候は見られなかった」ことから、誰かが彼の体に火を付けた可能性は低いと判断したそうだ。

医師困惑“発火”する赤ちゃん、生後3か月にして4度火に包まれる。 | Narinari.comより

こんな状態だと、常に誰かが監視していなければなりませんね。
生後3ヶ月で四度もなんて、可哀想すぎます。

これが本当に自然現象だとしたら本当に恐ろしい。
いや、人の仕業だとしたらもっと恐ろしいかな。けれど、虐待の兆候は見られないとのこと。

まだまだ自然界には謎がたくさんです。
とにかく、この赤ちゃんが立派に成長してくれることを祈りたいものですが…。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree