まじで!?Twitterは50年前に日本で商標登録されていた

LINEで送る
Pocket

なんとハイカラな。


人気SNSの名称「Twitter」(ツイッター)という単語が、なんと日本で50年前に商標登録されていたことがわかった。

もちろんSNSの分野ではなく、こちらは柔軟剤。区分違いでの登録だが、ネットでは「50年前とは思えないハイカラなセンス」などと話題になっている。

特許情報のオンラインデータベース・特許電子図書館を見ると、1963年(昭和38年)4月22日に「商標 ツイッター/TWITTER」との登録がある。読み方も同じだから驚きだ。

SNSの方のツイッターがサービスを開始したのは2006年6月のこと。日本で商標登録をしたのは2008年12月だ。63年のほうは「一方社油脂」という会社によって「1柔軟仕上剤(洗濯用のものを除く)、染色助剤、静電気防止剤(家庭用のものを除く)」として登録されていた。

商標登録は同じ名前で区分が類似していると難しいとされているが、SNSのツイッターは区分違いということで無事登録できたようだ。

「Twitter」50年前に日本で商標登録されていた 柔軟剤の名称「ハイカラなセンス」とネットで話題(J-CASTニュース) – 注目の社会トピックス – 国内 – livedoor ニュースより

50年も前にこんな言葉が商標登録されていたなんて、なんともおしゃれですねぇ。

ちなみに、いままでこの名前の柔軟剤が販売された記録はないそうです。

今からでも売ってみたら、結構流行るかもしれません。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree