ロリポップの簡単インストールでワードプレスを上書きしてしまった時の復旧法

LINEで送る
Pocket

先ほど、サブドメインにワードプレスをインストールしようとして誤って今使っているこのブログのドメインにインストールしてしまって冷や汗をかいたのでその対処法をメモに残しておきます。


上書きしないために

その前に、これからインストールしようとしている人のために上書きしないための方法を紹介しておきます。

サブドメインをデフォルトのまま使うと、「公開(アップロード)フォルダ」がメインのドメインと同じものになっています。

これを変更しましょう。

ロリポップのユーザー専用ページ右側のメニューから「独自ドメイン」→「サブドメイン」の順に開き、ワードプレスをインストールしたいサブドメインの「設定変更」ボタンを押します。

そこに「公開(アップロード)フォルダ」という項目があるので、そこに任意の文字列を入力します。

例えば私の場合、「j-league/」と入力しました。これで「/デフォルトのフォルダ/j-league/」というフォルダがインストール先に設定されました。最後に「/」を入力するのをお忘れなく。

更新ボタンを押せば、もう安心です。

上書きしてしまったら

では本題にいきましょう。

この設定をせずにインストールしてしまったらどうするか。データベースが残っていれば大丈夫。

ロリポップの「WEBツール」から「データベース」を開きます。

「phpMyAdminを開く」ボタンを押してユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名とパスワードはボタンを押す前のページで確認できます。

データベースの一覧が開くので「wp_posts」または「wp*_posts」という名前のテーブルを探します。*には数字が入ります「wp1_posts」「wp2_posts」という感じですね。

上書きしてインストールしてしまったのならこういった感じのテーブルが複数あるはず。

それを開いて、元のブログのデータが入っているテーブルを探していきます。

データが見つかったら、ロリポップに戻ります。データベースのページは念のため開いたままにしておくといいと思います。

「WEBツール」の「ロリポップ!FTP」から「wp-comfig.php」を開きます。

今までこのファイルを編集したことがなければ、一番上の「現在の属性」というところにある「オーナー」の「書き込み」のボックスにチェックを入れ、一度ファイルを保存します。

これで、ファイルの編集ができるようになります。

ファイルの中から「WordPress データベーステーブルの接頭辞」と書かれている部分を探します。

その下に

$table_prefix  = ‘wp2_';

というような記述があるはずなのでこれを見つけてください。

ここで、先ほど見つけたデータベーステーブルを使います。元のブログデータが入っているテーブル名が「wp1_posts」だった場合この部分を

$table_prefix  = ‘wp1_';

と書き換えます。

これで保存すれば完了!

自分のブログにアクセスして確認してみましょう。元の通りに戻っているはずです。

サブドメインに新たにワードプレスをインストールしたい場合には、上記のようにサブドメインのフォルダを設定しなおしてから新たにワードプレスをインストールしてください。

これで、サブドメインにアクセスしたときとメインのドメインにアクセスしたときで別のページが表示されるはず。

ちなみに、ワードプレスでは現在1つのワードプレスをインストールしてマルチサイトを運営する方法もあるそうですが、そちらは私は上手くできませんでした…。

上書きしてしまっても、データベースが残っていれば大丈夫!

あせらず復旧作業を行ってみてください。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree