上手くいかないイライラ解決!厚ぼったい一重まぶたさんのためのアイプチ講座

LINEで送る
Pocket

厚ぼったい一重まぶたに悩んでいる人、実は密かに多かったりするのではないでしょうか?

かく言う私もその一人。

アイプチでカバーしようと思っても、まぶたが厚いとぶるんと押し戻されて上手くいかなかったりしますよね。

アイテープでもメザイクでも上手くいかない!

そんな人のために、厚ぼったい一重まぶたでも綺麗にアイプチができるコツをご紹介します。

アイプチの手順

手順1:二重のラインを決める

アイプチに付属のプッシャーを使いながら、二重のラインをなるべく自然に見える位置に決めます。
奥二重風か、それより少しだけ幅が広い程度の位置の方が綺麗に見えます。
思い切ってぐっと押し込みましょう。

手順2:決めたラインの上下にアイプチを塗る

2014-04-21 13.39.00-1

ラインが決まったら、その上下にアイプチをたっぷり塗ります。
幅は、プッシャーで押し込んだ時に内側に織り込まれた分くらい。
よくわからなければ少し広めに塗ってください。

手順3:プッシャーで押し込む

アイプチを乾かし、白い部分がなくなったら、手順1で決めたラインをプッシャーで押し込みます。
痛いと感じる寸前まで、しっかり奥まで押し込みます。

手順4:できたラインの上下にアイプチを塗り、繰り返し押し込む

普通ならここまでで二重が完成しています。
しかし、厚ぼったいまぶたはしぶとく押し戻されてきてしまっているはず。
手順3でできたラインの上下にアイプチを塗り、再度まぶたを押し込みましょう。
これで先ほどより貼り付いた部分が増えるはず。
2回で足りなければ同様の手順を繰り返し、気に入ったところまでまぶたを貼り付けてください。

アイプチのコツ

コツ1:欲張らず幅狭二重を目指す

綺麗に二重を作るコツとしては、あまり欲張らないこと。
いきなり幅広二重にしようとしても上手くいかない事が多いです。
そのうえ、厚ぼったい一重さんは蒙古襞がキツイことも多く、幅広二重にすると疲れた時のような不自然な二重になることもあります。
プッシャーを使ってなるべく自然に見える二重の位置を探してみてください。

コツ2:ペンシルアイライナーはアイプチ前に

ペンシルライナーは、ラインを書くときにまぶたが引っ張られるのでアイプチが剥がれてしまうことがあります。
ペンシルタイプのアイライナーはアイプチ前に、その後アイプチをしてリキッドライナーでラインを重ねてひくと深みのある綺麗なラインになります。

オススメのアイプチ

最初の頃にオススメのアイプチはこれ

オペラ アイプチリキッドテープN

粘着力が強く、ばっちり貼りつきます。
癖が付くまではこれがオススメ。

癖が付いたらどんなアイプチでも比較的簡単に二重を作ることが出来るようになります。
私が使っているのはこれ。

キューティキューティZ

なんてったって安い!
小さいのでポーチに入れて持ち歩くにもぴったりです。

癖が付くまでには少し時間がかかりますが、根気よく続けてみてください。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree