【ネタバレ注意】テルマエロマエIIを見に行ってきた!

LINEで送る
Pocket

4月26日にロードショーとなったテルマエロマエIIを見てきました。
前作がとっても面白かったので、今回は珍しくロードショーから早々に映画館へ。

今回の作品は、ルシウスがコロッセオのグラディエーターのための風呂作りを命じられたところからストーリーが始まります。

元々ギャグ要素満載の作品でしたが、今回の作品は前回にも増してその傾向が強くなっていたような気がします。

特に「コトオシウス」の登場には笑いました。
しかも、ほんの一瞬。なんとも贅沢な使い方であることこの上ありません。

文化も時代も飛び越えて融合すると、案外しっくりきてしまうのかもしれないというのがこの作品の面白いところ。

映画館で笑うのは普通ははばかられるものですが、この作品はなんだか映画館にいる知らないもの同士が一緒になって笑えるのも素敵なところだと思います。

松島トモ子の登場にもなかなか笑わせてもらいました。
彼女と猛獣の絡み、最近の若い子たちは意味がわからないのではないでしょうか。
それでも面白く魅せてくれるというのが製作チームのすごさですね。

しかし、この映画を見ていると阿部寛が日本人であるということをすっかり忘れてしまいます。
他のCMなどに出ていると、なんだか違和感を感じてしまうほど。
それほどまでにはまり役であるということですね。

時代の流れ的にIIIを作るのは難しそうですが、果たしてどうなるでしょうか。
続編を作ってほしい映画ではありますが、史実を捻じ曲げることにもなりかねず。
今後に期待したいと思います。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree