[青赤横丁]もちもちポテトが人気メニューとなっている3つの理由

LINEで送る
Pocket

青赤横丁で大人気のメニューとなっているもちもちポテト。
箱に入った長いこのポテト、食べたことはなくても、見たことがあるという方はかなり多いのではないでしょうか。

2014-07-19 17.27.02

このもちもちポテトが何故人気メニューとなっているのか、考察してみました。

見た目のインパクトが大きい

比較的大きな箱に入っているのに、さらにその箱からはみ出すほどの長さとなっているもちもちポテト。
さながら何かのアニメに出てくる食べ物のようです。

その見た目は、間違いなく人の関心を引きます。
横丁から自分の席まで持っていくまでの間だけでもかなり目立ちます。抜群の宣伝力。
他の食べ物に比べて「あれ、食べてみたい」と思わせる可能性が格段に高いのです。

いつも行列ができている

もちもちポテトは人気メニューですから、青赤横丁ではいつでも行列ができています。
「なぜそんなに行列ができるのか」→「すごく美味しいのではないか」という推測が成り立つのです。

一度は「並んでるからやめよう」と考えた人も、行列ができている様子を何度も見ているとだんだん気になってくる。
「一度食べてみたいな」と思っている人は、いつかその行列に加わることになるはずです。

美味しい!!!

これが一番大事なポイント。
どんなに目立つものだって、品質が伴わなければ人気となることはありません。

もちもちポテトは味も抜群です。
このポテトのもちもちの秘密は、冷凍品を使っていないこと。
屋台の車の中をのぞいてみればわかりますが、現地でスタッフさんが一生懸命ポテトをつぶしているのです。

(参考:もちもちポテト

普通のフライドポテトを想定して食べると、その違いに驚くこと間違いなしです。
その驚きが、感動となります。
(参考記事:消費における感動とは何か?

一度感動した消費者は、リピーターとなって再びもちもちポテトを買いに来ます。
これが一番強い人気の秘密。
一度試してもらうまでにはいろいろな策が必要ですが、その先リピーターになってもらうには商品の品質が高いことが一番効果が高いのです。


これまでご紹介してきたもちもちポテト、食べたくなった方はいませんか?
もちもちポテトは、FC東京戦に伴って開催される青赤横丁で食べることができます。

青赤横丁は、味の素スタジアムでFC東京戦が行われる日に、味の素スタジアムとアミノバイタルフィールドの間にある広場で開催されています。

横丁だけならば、試合のチケットを持っていなくても入ることができるので、気になった方はぜひ遊びに来てみてください。

そして、スタジアムの中も気になったら、ぜひぜひお気軽に入場してみてください♪

FC東京の試合日程はこちらに掲載されています。
F.C.TOKYO

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree