[Jリーグ]スカパー!オンデマンドとCS視聴で価格差がないのはなぜか

LINEで送る
Pocket

現在、スカパーでサッカーの試合を見るには主に2つの方法があります。
CSやBSなどのテレビ放送で視聴する方法と、ネット回線を使ってPCやスマホなどで視聴するオンデマンドです。

jleague-on

テレビでの視聴をする場合、スカパーの基本料金に加えて2962円。
オンデマンドでは基本料金はかかりませんが同じく2962円と、ほぼ料金差がないのです。
しかも、テレビでの視聴を申し込んでいる人は手続きさえすればオンデマンドを無料で見られるというおまけつき。
しかも、オンデマンドにはそのシステム上1分程度のディレイがあります。

こうなると、圧倒的にテレビ放送を申し込んだほうがお得に見えますが、なぜこんな料金体系になっているのでしょうか。
少し考えてみました。

テレビ視聴が圧倒的に有利な料金体系の理由

テレビ視聴がこれだけ有利な理由としては、おそらくスカパー側にとってはテレビ視聴をしてくれた方が都合が良いということなのでしょう。

では、なぜテレビ視聴がスカパーにとって都合が良いのか。
その理由は以下の3点が考えられます。

基本料金が徴収できる

上記の通り、テレビ放送でスカパーを視聴するには基本料金を支払う必要があります。
月額400円程度と、個人としては小さな額ですが、加入者数が増えればスカパー側としては大きな額になります。

サーバーに負担をかけない

オンデマンドを視聴するには、スカパーのサーバーに接続する必要があります。
多くの人が視聴できるようにすればするほど、スカパー側の負担は大きくなります。
一度に多くの人が集まることで、サーバーがダウンしてしまったりなんてことも…。
(関連記事:スカパーオンデマンドのサーバーダウンはなぜ批判されるのか ~スポーツにおけるリアルタイム視聴の意味~)

一方で、テレビ視聴の場合は電波を拾うだけなのでその心配はありません。
大きなニュースがあったときなど、急激にテレビの視聴者が増えてもテレビが見られなくなったという話は聞いたことがありませんよね。

負担なく視聴者を増やせるので、スカパー側に都合がいいのです。

他のチャンネルも見てもらえる可能性が増える

スカパーでは、サッカーだけでなく、他のスポーツや映画など、実に様々なチャンネルが用意されています。

サッカー以外にも趣味をもっていれば「せっかく基本料金を払っているのだから」と、他のチャンネルを追加してもらえる可能性があります。

それでもオンデマンドを提供する理由

テレビ視聴がそれだけスカパーにとって有利なのに、オンデマンドを提供する理由はなんでしょうか。

それは間口を広げることが出来るというのが最大のポイント。
オンデマンドを提供することで間口を広げることができるというのはどのような場合なのでしょうか。
いくつか考えてみました。

スカパーの受信ができない場合

スカパーは、自宅にアンテナを立てて受信しますが、周りの建物などの環境によってはスカパーを受信できないことがあるのです。

それで視聴できないユーザーを逃してはもったいない!
オンデマンドがあれば、そんな環境のユーザーも取り込むことができるのです。

外出先で視聴することが多い場合

Jリーグが開催されている時間に外出していることが多かったり、スタジアムで放送を見たいと考えているユーザーの場合、テレビの放送だけでは取り込むことができません。

しかし、オンデマンドがあればそんなユーザーにもスカパーへの加入を検討してもらうことができるのです。

自宅でテレビを自由に使えない場合

家族がサッカーに興味がなかったり、他の趣味を持っていたりすると自宅のテレビを自由に使えるとは限りません。
申し込んでも見られないかも…。そんなユーザーも、オンデマンドならば取り込むことができます。

まとめ

スカパーをテレビで視聴できない理由は様々ありますが、オンデマンドを用意することで、そんな人にもスカパーを検討してもらえます。
さらに、オンデマンドとテレビ視聴での価格差がないことで「せっかくならテレビで」という加入者も増やせる可能性が高くなります。

オンデマンドでは多少のディレイがあったりと、テレビ視聴はユーザーにとってもメリットが多い方法ですから、検討中の方にはぜひテレビ視聴をオススメしたいと思います。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree