「とんき(目黒)」に行ってみた!外国人観光客もたくさん訪れるとんかつの名店

LINEで送る
Pocket

東京でとんかつの名店を挙げろといわれたときに必ずと言って良いほど紹介されるお店が目黒にある「とんき」
そんなお店にとんかつを食べに行ってみました。

2014-10-18 21.19.58

並んでいないのに順番に案内

まず驚かされるのが、店内で順番待ちをするときに並んでいないこと。
たくさんの人が待っているのですが、店内に入ってまず注文を終えると「空いているところに座ってお待ちください」と言われます。

つまり、お客さんは完全にランダムな順番に座っているにも関わらず、店員さんが来店順を覚えていて正確に案内してくれるのです。

その記憶力に脱帽。

超オープンなキッチン

2014-10-18 21.13.23

キッチンは見ての通りの超オープン。
衛生面や手際など、よほど自信がなければこんなにお客さんの目の前に出せませんよね。
見ていると、たくさんの店員さんがてきぱき動いていて非常に気持ちが良いです。

外国人観光客多数

店内には外国人観光客とみられるお客さんも多数。
おそらく、外国人向けのガイドブックか何かに掲載されているのでしょう。

日本文化のとんかつを満喫する姿が見られました。

メニュー

主なメニューは3種類。
ヒレカツ、ロースカツ、串カツ。
それぞれ定食で1900円、1900円、1400円です。

今回はヒレカツ定食を注文。
揚げたてアツアツで出てきます。がっつくと本気で熱いので注意。

2014-10-18 21.19.58

ヒレカツは衣も少な目に作ってあるのだとか。
よりヘルシーにいただけます。

身が締まったヒレカツはまさに肉!という感じ。
しかし、一口サイズに切ってあるのでとっても食べやすいです。かじらず一口で食べられるというのは女性にとっても嬉しい。
こんなところにもお店の「おもてなし」精神が垣間見えます。

豚汁・ごはん・キャベツはおかわり自由

このお店では豚汁・ごはん・キャベツがおかわり自由となっています。
店員さんに声をかけるまでもなく、食べ終わっていると「いりますか?」と向こうから声をかけてくれる。このタイミングがまた神がかっているのです。
なくなるタイミングを見逃さない。お客さんのことをよく観察しているのだなーと思います。

そして、とんかつもさることながらこの豚汁が絶品!
とんかつにする際に切り落としたお肉をダシに使っているようです。甘みが効いた深い味わい。
香りの良さも一般家庭でつくる豚汁とはまったく違います。
これがおかわり自由だなんてなんたる贅沢!ごはんが何杯でも食べられちゃいます。

この豚汁を家で作ることができたら、その日のおかずはそれだけで十分なくらい。
一口飲んで「これは真似できないな」と即座に感じてしまうくらいの美味しさです。

おかわり自由のメニューですら抜群に美味しいというのが、さすが老舗だと感じました。

最後に

これだけの名店ですので、夕飯時にはずらっと行列していることが多いです。
待ち時間を短く済ませたいなら夜遅くに行ったり、雨や雪の日などコンディションが悪い日に行くのがオススメ。
今回は夜9時ごろに入店しましたが、10分ほどの待ち時間で席に座ることができました。

都内で楽しめる老舗の味。
目黒駅から3分という抜群のアクセスも魅力的です。
ちょっとしたデートや東京観光のお食事としてもオススメです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree