JFL降格の町田に5000万円、J2優勝の甲府に2000万円の矛盾

LINEで送る
Pocket

言われてみれば、確かにこれは不公平なお話…。

「間口を広げて昇格させたはいいが、1年後には降格させてしまったクラブライセンス制度の矛盾が露呈した格好です。会員資格も『J準会員』という苦し紛れの新名称をでっち上げて、なんとかごまかそうとしています。そもそも、プロチームとアマチュアチームが混在するJFLのあり方に問題があるのです」(同)

 Jリーグでは、将来的にはJリーグ加盟を希望するクラブで構成される「準会員リーグ」の設立も検討されているというが、サッカーファンの批判はそうしたところにあるのではない。今回、J2からJFLへ降格したゼルビアに5,000万円が支給されたのに対し、J2で優勝したヴァンフォーレ甲府への賞金が2,000万円であることだ。

Jリーグ降格の町田ゼルビアに5,000万支給の大矛盾「J2優勝でも2,000万なのに!」 | 日刊サイゾーより

何より問題なのは、優勝するよりも降格する方が短期的な経営で有利になってしまうこと。

降格チームへの支援は必要かもしれませんが、優勝賞金とのバランスが悪いのはなんとも…。

もしかしたら、JFLへの降格制度が見切り発車になってしまっていたのかもしれません。

先日話題になっていたJ3ができたらもう少し状況は変わるでしょうか。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree