FIFA、韓国人選手41人を追放 八百長事件で

LINEで送る
Pocket

すでに韓国からは永久追放処分となっていた41選手。

今回、国際的にも追放処分となったようです。


FIFAの懲罰委員会は9日、2011年に韓国・Kリーグで発生した八百長問題に絡み、事件に加担した41選手を国外でも除名処分とすることを発表した。

「Kリーグ八百長事件」として知られるこの問題は、2010年から2011年にかけて賭博に関わる韓国の暴力団関係者が、引退したKリーグ選手などを通じて現役選手に接触し、試合結果を操作させていたもので、最終的には自殺者まで発生する大騒動へと発展した。

2011年5月に報道が広まり、事態を重く見たKFA(韓国サッカー協会)は八百長への関与が発覚した元韓国代表チェ・ソングク(元柏レイソル)ら41名を永久追放処分としていた。

一方、世界的には八百長に関わった選手を止める規定がなかたっため、チェ・ソングクは海外でのプレーを画策し、マケドニア1部のFKラボトニツキへの移籍を試みた。しかし昨年3月、FIFAは国際移籍証明書の発行拒否という形で対応し、今回、正式にKFAが定めた追放処分を全世界的に適用することとなった。

FIFA、韓国人41選手を追放より

Kリーグで発覚した八百長問題が大きな広がりを見せているようです。

今回の問題に関わったとされる41選手をFIFAが追放。

ただし、Kリーグでの永久追放と違ってこちらは復帰の可能性を残した追放処分となっている選手もいるようです。

自殺者まで出るような騒動になってしまった今回の問題ですが、これで収束となってくれるとよいのですが…。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree