板チョコの溝はなんのためにある?きれいに割るためではなかったその理由とは

LINEで送る
Pocket

これは衝撃の事実!

でも、あの溝使ってチョコレート割りますよね。


実際のところ、溝はなんのために入れているのでしょうか。「ガーナミルクチョコレート」のロッテと「明治ミルクチョコレート」の明治、それぞれの広報担当者に問い合わせてみました。

それによると、ロッテでは、チョコを早く冷やして固めるために溝を入れているそうです。溝を入れることでチョコと型の接する面積が広くなり、熱が逃げやすくなるため早く固まるのだとか。また明治の場合は理由が2点あり、ひとつはロッテ同様チョコを速く固めるためと、もうひとつはチョコを型から取り外しやすくするためだとのこと。

板チョコの溝はキレイに割るためのものではなかった! – ねとらぼより

なるほど、たしかに表面がぼこぼこしているほうが表面積も広いし型からも取り出しやすいですね。

元々綺麗に割るためのものではないということで、たまに斜めに割れたりしてしまうのも納得です。

まぁでも、ただの板を割るよりはずっと割りやすいわけで、使えるものは使ってしまえばいいのではないでしょうかw

ちなみに、本当に綺麗に割りたいときには包丁を温めて溝に押し当てるといいようです。

何かの機会があればやってみてください。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree