タイでキャンプを行うJリーグチームが増加 その理由とは?

LINEで送る
Pocket

開幕前のキャンプをタイで行うチームが増えているそうです。

果たして、その理由とはどんなことなのでしょうか?


サッカーJリーグのキャンプ地に異変が起きている。九州地方で行うのが主流だが、今季はJ1のC大阪、名古屋など4チームがタイで実施。これだけのチームが一斉に東南アジアに“進出”するのは初めて。タイ・プレミアリーグとパートナーシップ協定を結ぶなどしてきたJリーグのアジア戦略に乗っかった形だが、個々のクラブの思惑も絡んでいる。

今季、タイでキャンプを行うのはC大阪、名古屋、磐田、湘南。C大阪はタイ・プレミアリーグのバンコク・グラス、磐田はムアントン・ユナイテッドと業務提携などを結んでいる。

タイでキャンプを行うメリットとして、あるクラブの社長は「気候が日本より格段に暖かいし、費用も渡航費を除けば国内より割安。練習試合を行う対戦相手もいる」と話す。C大阪の場合、提携しているバンコク・グラスを通じて練習場の確保や宿の手配もスムーズにできたという。

一方で、タイキャンプには、3月開幕のシーズンに向けてチームを鍛える以外の狙いもある。C大阪、名古屋、磐田はそれぞれヤンマー、トヨタ自動車、ヤマハ発動機といった親会社やメーンスポンサーがタイに工場や販売拠点を抱える。選手が着るユニホームや練習着にはそれらの企業名がプリントされており、「(タイでの市場拡大を目指す親会社やスポンサーにとって)動く広告塔になる」とあるクラブの幹部。

親会社やスポンサーの知名度を高めるため、練習以外のイベントも予定されている。名古屋は2月16日にバンコクで開かれる国際親善試合「トヨタ・プレミアカップ」に出場。C大阪はキャンプ期間中に選手らがヤンマーの工場を訪れ、現地の人々と交流する。

タイでは地上波でのJリーグのテレビ放映もスタートしている。「テレビで見たウチの選手を生で見てもらえる機会」とC大阪の岡野雅夫社長。Jリーグの大東和美チェアマンは「少しずつだが、私たちの目指すことが実ってきている。今後は選手の交流などもうまく進んでいけばいい」と話している。

「【Jリーグ】キャンプ地選びに“異変” 「動く広告塔」親会社をアシスト C大阪などタイで実施 」:MSN産経ニュースより

環境がいいことに加えて、スポンサーのアピールになるという理由もあるのですね。

日本企業の東南アジアへの進出は今盛んになっているようですからね。

それにしても、タイでJリーグのテレビ放送をしているとは知りませんでした。

それならば、生で選手たちを見ることができればいいアピールになるでしょうね。

これが、Jリーグやサッカー界のさらなる発展につながっていくといいですね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree