2ステージ制で平日のリーグ開催が増えるのに、なぜ収入が増えるのか

LINEで送る
Pocket

現在、2ステージ制に関する議論が盛り上がりを見せています。
そのきっかけとなった記事がこちら。

J2サポがいまさら考える『2ステージ制導入の理由』と『的外れな批判』について

ジェフサポさんが書いた記事で、非常にわかりやすくまとまっています。

で、この記事の中で言われているのが2ステージ制にした理由として大々的に示された「露出の増加」「観客数の増加」という「表の理由」以外にも、あまり報道されなかった「裏の理由」があるということ。
この記事の趣旨としては「裏の理由」が結構切羽詰っているのだから批判ばかりでなく建設的な議論をしようよ、ということです。
その論には概ね賛成ではあるのですが、一方で、2ステージ制に反対していたサポーターに対して聞こえのいい「表の理由」ばかりを積極的に押し出してきたのだから批判されるのも仕方ないかなぁと思わないでもない。

そのあたりは、初動を誤ったとも言えるのかもしれません。
もっと「切羽詰ってるよ!」というのを大々的にアピールしていたら反応も違っていたかも。
2ステージ制が発表された頃にそんな感じの記事を書いてたのでよかったらどうぞ。
[FC東京]2ステージ制への見解を公式サイトで発表

で、本題に戻ります。
先の記事で「裏の理由」とされているのが、このままだとシャレにならないくらいの減収でリーグ自体が成り立たなくなるから。
とにかく、ベストでないとわかっているシステムでも目先のお金が必要だったからというもの。

が、しかしちょっと待った。
2ステージ制にして大きく変わったこととして、平日開催の増加があります。
平日は土日の開催に比べて大きく動員が落ちるのはもちろんのこと、見に行けない試合の増加による年間チケットの買い控えなども考えられ、経営的にはダメージとなり得ます。

2ステージ制で平日開催が増えたのに、なぜ収入が増えるのか考えてみました。

新規スポンサーの獲得

今シーズンからJリーグは「明治安田生命Jリーグ」となりました。
このスポンサー契約の詳細は定かではありませんが、これだけあちらこちらで「明治安田生命」と連呼されるのですから莫大な金額が動いていることは想像に難くありません。

詳細が不明なためこれまた想像でしかありませんが、このスポンサー契約が2ステージ制への移行を条件としたものだったとも考えられます。
2ステージ制になることでメディアへの露出の機会が増え、それに伴って「明治安田生命」の名前も露出が増えると考えれば、自然な契約なのではないでしょうか。

チャンピオンシップの大きなメリット

普段からJリーグを見ているサポーターにとっては不評なチャンピオンシップ。
試合が増えればそりゃ楽しいだろうけど、年間勝ち点1位でも優勝じゃないとか言われたらすっきりしないし、なんだか制度もわかりにくい。

そんなチャンピオンシップですが、最大のメリットが「この試合で優勝が決まる」と事前にわかっていること。
リーグ戦では2位以下のチームとの勝ち点差で優勝が決定するため、必ずしも最終節に優勝が決まるとは限りません。
2位のチームと勝ち点差が拮抗している場合には逆転優勝の可能性などもあり、最終節に1位のチームの試合を見ていれば優勝決定の瞬間が見られるとは限らないのです。

しかし、チャンピオンシップは違います。
「この試合に勝った方が優勝」というある意味わかりやすいシステム。
普段からJリーグを見ているわけではないけれど、優勝が決まる試合くらいは見ようかなーという層に対して訴求力があるのです。
さらに、地上波での放送となれば「たまたまテレビをつけたらJリーグの優勝決定戦を放送していたので見てみた」というシチュエーションも大いに考えられます。

つまり、チャンピオンシップとは既存のサポーターではなく、あまり積極的にJリーグを追いかけようとしていない人に対してわかりやすいシステムとなっているのです。

ナビスコカップでも、決勝戦だけは地上波で放送されます。
これは、決勝戦ならば地上波で放送されても視聴率が確保できると考えられていることを意味します。
優勝が決まる試合というのは、それだけの魅力があるコンテンツなのです。

魅力あるコンテンツにはスポンサーが付き、お金が集まるということですね。

最後に

2ステージ制によって目先の資金は確保できました。
2ステージ制が成功と言えるか否かは、普段Jリーグを見ない層に対してチャンピオンシップがどれだけの影響力を与えられるかにかかっているのではないでしょうか。
Jリーグに興味を持つ人が増えなければスポンサー料も放映権料も長くは続かずまた困窮することになります。

チャンピオンシップがどんな風に注目を集めるのか、どんな報道のされ方をするのか、楽しみでもあります。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree