【妊婦飯】バランスの良い食事のために、毎日食べよう「まごわやさしい」

LINEで送る
Pocket

妊娠中の方は母親教室や病院などで嫌というほど「バランスの良い食事をしなさい」と言われていると思います。
しかし、一口に「バランスの良い食事」と言われても、栄養素の量やその他いろいろなことを考えながら献立を立てるのは大変なことだと思います。

a0002_011973

そのコツとして私が母親教室で習ったのは「主食、メインのおかずに加えて2つの小鉢を食べること」、もうひとつは「『まごわやさしい』を毎日食べること」でした。

よく一汁三菜と言われますが、それよりひとつ少なくて良いのですね。なんとなく気持ちが楽になります。そして、もうひとつの「まごわやさしい」というのはバランスの良い食材の頭文字です。内訳は以下の通り。

ま…豆類
ご…ゴマ、ナッツなどの種実類
わ…わかめなどの海水類
や…野菜類
さ…魚類
し…シイタケなどのキノコ類
い…イモ類

これらを毎日摂取することで、自然とバランスの良い食事になるというのです。
確かに、体に良さそうな食材が並んでいますね。
できれば、いろいろな種類の食材をまんべんなく、様々な調理法で食べることが望ましいとのこと。
例えば、魚で言えば昨日は鮭を食べたから今日はアジにするだとか、同じほうれん草でも昨日はおひたしだったから今日はソテーにすると言ったような方法が理想的だそうです。

とは言っても、そんなに急に献立のレパートリーは増えないもの。
このブログでは妊婦飯のカテゴリで「まごわやさしい」を使ったレシピを少しずつご紹介していく予定です。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree