スタジアムグルメを席までお届けしてくれる!モンテディオ山形が実証実験開始 夢が広がりまくる…♪

LINEで送る
Pocket

モンテディオ山形が発表した新しい試みが話題になっているようです。
その名も、「マイシートからお取り寄せ」
注文したスタジアムグルメを自分の座席までデリバリーしてくれるサービスです。

10月26日(日)の2014Jリーグディビジョン2第38節モンテディオ山形vs.横浜FCのスタジアム内で、お客様ご自身のスマートフォンを活用し注文ができる新サービス「マイシートからお取り寄せ」の実証実験を行いますのでお知らせいたします。
このサービスは、お客様が売店に出向かなくても、ご自身のスマホを使い、試合観戦中にビールやジュース、お弁当などの注文ができ、スタッフがお客様の席までお届けにあがるサービスです。お客様は試合中の決定的なシーンを見逃すことなく、お買い物を楽しむことができるようになります。このサービスにより、スタジアムのホスピタリティ(心地よさ、利便性)が向上することを期待しています。
今回は、実証実験のため対象を一部エリアに限定して行いますが、本実験を通じ利用いただいたお客様からの意見なども踏まえた上で、本格導入に向けた検討を行ってまいります。

nr2014101603

「マイシートからお取り寄せ!」サービス実証実験 実施のお知らせ | モンテディオ山形 オフィシャルサイト

今回はSS席またはS北席のみという席種限定のサービスですが、これが全席に拡大したらと思うともう夢が広がりまくり。
妄想していたら止まらなくなってきました。

入り口で全メニューが載ったチラシがもらえる

これは、今すぐ全スタジアム全席でやってもいいと思うくらい。
歩きながらスタグルメを探すのも楽しいのですが、試合前の時間は限られていますからなるべくお目当てのものにちゃちゃっと並んでしまいたい。
事前に見たスタジアムグルメがどこにあるのか探さなくて良いという意味でも、チラシは有効だと思います。
ひとつのお店にかける時間が減れば、その分たくさんのお店の行列に並べますw

さらに、食べ物というのは不思議なもので見たら食べたくなるもの。
チラシを配ることで、スタジアムでは食事をしなくてもいいかなーなんて考えていた人にも屋台に足を運ばせる効果があります。

デリバリーはともかく、スタジアムグルメを楽しむためにチラシはぜひ導入してほしい。
これならさほどお金もかからなそうですしね。

複数のメニューが並ばずに買える

東京戦では、食べ物の屋台に行列が出来ているというのはいつものこと。
この行列が醍醐味でもあるのですが、たくさんのグルメを楽しもうと思うとやはり時間が足りなかったりするものも出てきます。

このシステムがあれば、同時にたくさんのグルメを頼めるうえに席まで持ってきてくれるとなれば、時間が足りなくなる心配をしなくても良いですね。

アウェイ側が完全隔離されてもホーム側のグルメが楽しめる

アウェイでスタジアムグルメを楽しむときに一番問題となるのが、アウェイ席の完全隔離。
アウェイ側で入場するとホーム側の売店に買い物に行けないようになっている場合があるのです。

これで一番残念な思いをしているのが鹿島スタジアム。
スタジアムグルメが美味しいと評判のスタジアムなのに、アウェイ側からは買いに行けないのです。

しかし、スタッフさんは当然その境界線を行き来できるでしょうから、このシステムが導入されれば完全隔離でも存分にホーム側のグルメを楽しめそうです。

というか、席までなんて贅沢なことは言いませんから、完全隔離のスタジアムはアウェイとホームの境界線まで食べ物を運んでくれないでしょうか。

今回のシステムに期待するのはこれが一番大きいポイントです。

全席導入にあたっての課題

サポーター側から見れば夢のようなこのシステムですが、もちろん課題もたくさんありそうです。

一番大きいのは人件費でしょう。
スタジアムのあちらこちらに食事を運ぶとなればたくさんの人手が必要です。
イメージ図では売り子さんがビールを売りながら運ぶような図になっていますが、スタジアム全体から注文が入るとなるとその人員だけで足りるかどうかは不明です。

ただし、ビールの注文も受け付けてくれるようですから、確実にビールの需要があるところにピンポイントで訪問できるという点においては売り子側としてもメリットがあるかもしれませんね。

現実問題としては、1デリバリーあたりの配達料を徴収するなんていうのはいいかもしれません。
それでも、数百円くらいで複数のグルメが一度に運ばれてきたり、ホーム側のグルメが食べられたりするのなら安いものです。

次に心配になるのがキャパオーバー。
このシステムが導入されれば我々蝗は間違いなく大量に注文を出します。
並ぶ時間が減ることを考えれば、おそらく今までに比べて食べる量は増えるでしょう。
その食欲に飲食売店のキャパが耐えられるかというのが心配なところです。
予想の待ち時間なんかが表示されるとちょっとありがたいですね。

最後に

このシステムが全体に導入されればスタジアムグルメがもっと楽しくなることは間違いありません。

課題がたくさんあるのですぐに導入というわけにはいかないでしょうが、ぜひぜひ多くのスタジアムで検討してほしい方法です。

チラシ配布とアウェイ境界線へのデリバリーだけでもぜひ、ぜひお願いします…!

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree