貯金ができない人にオススメ!ズボラでもできる出費管理術

LINEで送る
Pocket

貯金をしなきゃという気持ちはあるけど、どうも面倒で管理できない。
気がつけば、給料日前にはお財布が空っぽ。
そんな人のための出費管理術を紹介します。


130831_04

◆予算決め

お金の管理に大事なのは、なんと言っても予算決め。
まずは、月の予算を決めましょう。
といっても、そんなに細かく分ける必要はありません。
お小遣いと生活費。この二つだけ金額を決めれば十分です。
生活費も、自分のお財布から出る分だけの予算を決めます。食費や被服費などがそれにあたります。
公共料金や携帯代など引き落としで支払えるものはこの予算からは除きます。
といっても、これらの固定費は減らせると大きな額になるので、2-3年に一度くらいは見直しができると素敵です。

月の予算が決まったら、次に週の予算をざっくり決めます。
いちばん楽なのは「月の予算÷5」を週の予算とすることです。
これなら、最後に余りも出て貯金もできます。

◆お金を準備

お札入れと小銭入れ、それぞれ二つずつあるお財布を用意します。
生活費用のポケットとお小遣い用のポケットを決め、その時に合ったポケットからお金を使います。
これは生活費か?お小遣いか?と迷ったらお小遣いから出費するとお金が貯まりやすくなります。

◆出費管理

さぁ、いよいよ出費管理です。
「前回計算した時お財布にあった額−今お財布にある額」を出費としてメモしておきます。
できる人は毎日。面倒なら週に一度。
日付と出費額を記入しておければ十分ですが、出費が多かったとき思い当たる原因があれば書いておくと後で役に立ちます。
週の終わりにはお財布の中のお金を全部出し、翌週の予算に入れ替えます。
この時出したお金も、生活費とお小遣いに分けておきましょう。
大きな買い物をするときに、家電製品など必要なものなら生活費側の貯金から、趣味の道具など自分の楽しみで買うものならお小遣い側の貯金から出します。

◆まとめ

今まで出費管理をしていなかった人は、自分の使っているお金が意外と多いことに驚くかもしれません。
自分の使っている額がだいたい把握できたら、翌月からは無理のない範囲で予算を組んでいきましょう。

週の予算しかお財布に入っていないのは不安!という人は緊急用のお金をどこかに入れておきましょう。
頻繁にそのお金を使ってしまうようならば、予算の見直しが必要です。

この方法を続けていけば、きっと貯金ができるはずです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree